三浦海岸は海の近くだけに時には変わったニュースが飛び込んできます。



最近、アレーナの近くの海岸で6メートルのザトウクジラが打ち揚げられました。



564561




昨年も5月に三浦海岸ではザトウクジラが同様に打ち揚げられ、



そのときは鎌倉の海岸にも同時に同じことが起きていました。



よく調べると、ザトウクジラはよく打ち揚げられているようです。



いづれも既に死骸となっているものばかりです。



多分見たら驚きとあまりいい気持ちはしないですね。



そして、もう一つの話題は、カツオノエボシ。



カツオノエボシっていったい何だろうと思う方もいらっしゃると思いますが、



これはときどき話題になるクラゲの名前です。



聞かされたときはこんなにきれいな生き物がいるんだと思いました。



見た目は、透き通るようなブルーで、



小さな風船のように膨らんでいて、



形は餃子をひっくりかえしたような。



何を言っているかわからないですね。




72521217-カツオノエボシ-カツオノエボシ属ホオズキ




きれいですね。



でも実はきれいな花には棘があるを地でいっている生き物です。



触れたとたんに電気ショックをうけたようになり



触れた個所は大きく赤くふくらんできて激痛がとまらないということでした。



2度目刺されればアナフィラキシーで死にも至るともいわれています。



相模湾のほうで多く最近見つかっていて注意喚起しています。



砂浜に打ち上げられることもよくあるそうなので



知っておくとよいと思います。



支配人